食べて痩せる!健康的に痩せるメニューの選び方

食事メニューを見直してみましょう

効果的なダイエットの成功には、食事メニューを改善することが重要です。
いくつかの理由が重なって体重が増加したという場合、その理由の1つとして食事のメニューがあるものです。
「大してカロリーの高いものを食べていないのに、体重が増えた!」そんな経験はありませんか?
食事を見直してみると、自分では気づかないうちに間食をしていたりする場合があります。
ダイエットに適した食事内容に挑戦しているけれど、どうしても空腹がつらくてダイエットが続けられない人もいます。

そこで、少しずつ食事メニューを変えていくという方法もあります。
摂取カロリー量が少なくても、美味しくて満腹感がある料理ならダイエットを続けやすいでしょう。
最近は、市販のダイエット食品も美味しいものが多いので、ダイエット中の食事としてもお勧めです。
ずっと健康的なダイエットメニューでいられるように、食事内容に慣れていきましょう。

味覚は慣れの部分も多く、外食ばかりだと濃い味に慣れてしまいがちです。
ダイエットメニューに慣れるには、薄味の美味しさを意識できるようになることです。
ダイエットを成功させるためにも、美味しく食べられるダイエットメニューを増やしていきましょう。

食事メニューを少しづつ改善

効果的・健康的にダイエットする場合、どのような食事メニューにするとよいのでしょうか。
単純に体重を減らしたいというだけなら摂取カロリー量を少なくすればよいのですが、極端な食事制限をするとリバウンドやさまざまな病気つながります。
食事を我慢するダイエットは良い方法ではないでしょう。
食事メニューを決める時には、食事量は減らし過ぎずに、一日三食きちんと摂りましょう。一日の活力になる食事をきちんと摂ることで、日中のエネルギー代謝が促進され、体温も上がります。体温が上がらなければ代謝の低い状態が続くので、エネルギーの消費量も低くなってしまうので、ダイエットには逆効果です。

1日の食事の流れ

朝食のメニューとしては、納豆とご飯など、炭水化物とたんぱく質の組み合わせを基本にします。ある程度はエネルギーになるものを身体に補給しなければなりませんので、炭水化物やたんぱく質は、ダイエット中でも必要です。

昼食ですが、この時間帯は消化酵素の働きが活発なため、あまりカロリーを気にせず食べたいメニューで大丈夫です。
時間通りの食事を昼間にきちんと摂ることで、夕食の食べ過ぎを予防できます。

晩は食事後にあまり体を動かさないので炭水化物の量は軽めに、野菜を中心に良質なたんぱく質のメニューにします。
ダイエットに適した栄養バランスの良いメニューに改善することが出来れば、無理なくダイエットを継続できるようになります。

外食でのメニュー選び

外食の機会が多いと摂取カロリーが多くなるので、ダイエットは無理だと思っている人が多いようです。
外食の時でもメニュー選びに気をつければ、ダイエットは可能です。
失敗しないメニュー選びのコツは、必ず野菜を食べるようにすることです。
近年では、健康に関心を持つ人が多くなってきたことで、野菜中心の献立をつくるお店が増加しています。
野菜に多く含まれている食物繊維を摂取することで、脂肪や糖の吸収を緩やかにします。
うっかり食べ過ぎてしまった!ということがないように、食物繊維の多い野菜を食べる習慣を身につけましょう。

メインメニューはしっかりと食べるのがポイントです。
牛肉や豚肉はカロリーが高く、ダイエット中は控える傾向がありますが、タンパク質はダイエットのためにきちんと摂取しておきたい栄養素です。
タンパク質を摂取することで適度に筋肉がつき、代謝のよい体づくりに役立ちます。
カロリー制限をするには、油分の少ない料理を食べたり、低カロリーの豆腐や白身魚でたんぱく質を摂りましょう。
牛丼などの丼ものやカレーなどの単品のメニューは比較的値段が安く食べやすいのですが、栄養バランスがよくありません。

和食の定食スタイルにして栄養バランスを整えるなどの工夫が必要です。

まとめ

  • 少しずつ食事メニューを見直していきましょう。
  • なるべく一日三食、食べましょう。
  • 野菜を中心に食べましょう。和食がおすすめです。
最近は毎日、低糖質なダイエット食を自炊しています
Posts created 24

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top