ランニングでのダイエットをするときの注意点と効果を最大にする秘訣

新陳代謝の向上がダイエット成功の秘訣

年齢を重ねてくると、今までと何ら変わりのない生活を続けているにも関わらず、脂肪が増え筋肉が衰えていきます。
ダイエットに取り組んでもなかなか体重が減らないという人は、中性脂肪値がいつの間にか高くなっていることもあるようです。
年齢と共に体重が減らしづらくなるのは、新陳代謝が悪くなり、体脂肪が燃焼しにくくなるためです。

新陳代謝を向上させるために効果のある方法として、ランニングがおすすめです。
一度だけのランニングでは効果はありませんが、継続してランニングをすることで体の代謝が良くなります。

新陳代謝が改善すれば、自然に脂肪を燃焼させやすい体質へ変化していきます。
効果が出るまでに長い期間がかかるので、短期間で終わってしまうことのないように、まずは継続することが大切です。
ハードなトレーニングメニューを組むとモチベーションが尽きやすいですし、身体にとっても運動負荷は強くなりすぎないことが大事です。

厳しい運動をしても体にとってよくないので、楽しみながら続けられる程度の運動量になるように調整することが大事です。

ランニングをする時の注意点

ダイエットのためにランニングを実践している人は多いですが、正しい方法でランニングできていない場合があります。

ランニングのやり方によっては意味のない、または体に悪い影響を及ぼしてしまう方法があります。
ランニングは走りさえすれば体重が落ちるというものではありませんので、理解を深めておきましょう。

走り方を間違うと、ヒップラインやパストの形が崩れてしまう原因になることがあるので気をつけましょう。
下腹部を引き締めるためにランニングを実践したら、結果的に体のラインが全体的に垂れてしまったという場合もあります。

どのようなランニングがダイエットとして効果の期待できる方法なのでしょうか。
一概にランニングが悪いという訳ではなく、正しい方法を実践することが必要になります。

全力で走るような走り方ではなく、軽く汗ばむ程度、長時間運動が続けられるように走ります。
適度な有酸素運動をすることは、体脂肪を燃焼させたいという人にぴったりです。

有酸素運動を定期的に実践することで、徐々にダイエット効果が得られるようになります。

ランニングのダイエット効果をあげる方法

ランニングは専用の道具や技術がいらないので誰でも気軽に始められます。

ダイエットや健康づくりのにランニングをする人は少なくありません。
ただランニングといっても、ダイエット効果を最大化する時間と頻度があるので注意しましょう。

体内に蓄積されている脂肪を燃やしてエネルギーとして使うために、20分以上はランニングを継続しましょう。
まずは友達とお喋りできるくらいのゆっくりペースで20分間を完走できるようになりましょう。

効果を出そうとするあまりに毎日ランニングする人も多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
必ずしも毎日は走らなくてもいいですし、ランニングダイエットをするつもりなら、1週間に3回から4回で十分です。

毎日を義務づけると精神的なストレスになってしまうこともありますし、疲労が残る筋肉で運動をしても効率は上がりません。
1日おきくらいが丁度よく、筋肉を休めることができるうえ、「走らなければ!」という義務感もなくなります。

寝て起きた時が、運動に適したコンディションに適しているので、朝がランニングをする時間に向いています。
また、体内時計もリセットされるので、ダイエット効果だけでなく、体調も良くなるのでおすすめです。

時間や頻度をうまくコントロールして、まずはランニングを習慣づけることがダイエット成功の近道です。

ランニングによるダイエットの停滞期について

コンスタントにダイエットへの取り組みをしていくことができればいいですが、意欲が下がってしまうことがあります。
ランニングに関わらず、他のダイエット方法を実行していたとしても、停滞期は誰にでも経験するものです。

体重の減少が滞るようになって、時には増えてしまうけれども、ダイエットの取り組みは変わらず続けている人もいます。
このダイエットの停滞期をいかに過ごすかが、成功するかどうかの分かれ道であり、精神的に負けないようにしなければなりません。

ダイエットの開始直後は、徐々に体重が少なくなっていきますので、毎日の張り合いを持つことができます。
始めのうちは調子よく減っていた体重も、ダイエットを続けていくにつれ減りづらくなります。
これがダイエットの停滞期です。

方法を誤っているから停滞期になるのではなく、ダイエットがうまくいっているからこそ停滞期になると言われています。
停滞期はずっと続くものではなく、あきらめずにダイエットを継続していれば、抜け出せる時期は必ずやってきます。

停滞期になった時に、激しいダイエットをしていた人の中には、やる気を失ってしまうことがあるようです。
なので、ランニングも決して無理をせず、楽しくできる範囲に距離やスピードを調整するのがポイントです。

ランニングダイエットでは自分にとってちょうどいい距離や速さを知ることが重要です。

まとめ

  • 軽く汗ばむ程度、長時間運動しましょう。
  • 1回20分以上のランニングを1週間に3回から4回継続しましょう。
  • ダイエットがうまくいっているからこそ停滞期があります。無理をせずに継続しましょう。
最近は毎日、低糖質なダイエット食を自炊しています
Posts created 24

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top