運動してやせよう!スリムになるための考え方

ダイエットはスリムになるだけでは不十分

女性の中にはダイエットとは体を細くすることだと考えている人がいます。

ダイエットをする時に大事なことは、身体を細く見せるには体重が少なくなりさえすれば何でもいい、というわけではないということです。
筋肉は、適度な運動と休息によって増やすことができますし、脂肪も余剰カロリーによって増加するものです。

筋肉を使う機会を少なくすると筋力は衰えで筋肉量が減りますし、脂肪も運動や食事制限で少なくできます。
ダイエット時には脂肪を減らすことばかりを考えてしまいがちで、筋肉が減っていること気にしない場合があります。

ダイエットとはそもそも健康を損なわずに行うものであり、スリムな体を目指すダイエットでは健康第一が重要です。
何でもいいので細くなりたいというダイエットでは、健康的できれいな痩せ方ができず病的な外見になります。

全身にちょうどいい具合に筋肉がついていたほうが、スリムなプロポーションを保ちやすくなるでしょう。
ダイエットを行う時には、身体の印象が健康的なものにすることも重視しましょう。

筋力が落ちると、いきいきとしたボディを保ったままのスリム感がなくなりますのでダイエット成功とはいえません。
理想的ですっきりとした体を手に入れるということは、脂肪を減らしつつ筋肉も保つことが大切です。

ダイエットとは痩せることだけを考えるのではなく、スリムでなおかつ健康的な体にすることを目標に実践することから始まるのです。

健康的なダイエットとは筋肉は落とさないこと

体重を落ちたとしても、スリムな体になれなければダイエットがうまくいっているとは言い切れません。

健康にいいダイエットとは体重が落ちたかどうかスリムになれたか、ではなく筋肉量の問題もあります。
健康を阻害する要因である高血糖や高血圧は、内臓脂肪により活動が増す悪玉ホルモンが関わっているといいます。

まずは体脂肪を減らすことが、ダイエットでは重視されています。
筋肉が弱くなったり、骨密度が下がることも体重の減少に関わっているので体重が落ちても体脂肪が減ったとは限りません。

ダイエットをするときには、筋肉をある程度保ったまま体脂肪を減らすことが大事ですが、そのために有効なダイエット方法とは何でしょうか。

カロリーを制限をしすぎると、生命維持や活動に使うはずのエネルギーが足りなくなるので、足りない分は筋肉を代謝してエネルギーにしてしまいます。
筋肉量が減ると基礎代謝が低下して、代謝の悪い身体になってしまい、余計に脂肪がついてしまうことがあります。

筋肉は積極的に体を動かすことで増強できます。
筋肉を使わないでいると、筋肉は衰えていきます。

運動不足の人は、まずはウォーキングなど簡単にできる運動からやってみるといいでしょう。
ウォーキングによる運動効果を高めるには、手足をしっかり振って歩く速度をアップすることが大事です。

ダイエットを成功させスリムな身体を得るためには、いらない脂肪は燃やし筋肉を適度につけることです。

食事制限だけではなく運動も必要

適度な運動は、身体を引き締めスリムにするためには重要です。
食事の量を減らして、体重を落とすだけでは不十分です。

食事制限だけを行っても、身体の特定の部位をスリムにすることはできませんし、体が引き締まるわけではありません。
スリムではなくやせ細って貧相なイメージになってしまったり、痩せたくはない部位が細くなったりします。

さらに食事制限だけでダイエットをすると、健康的に痩せる事が難しくなります。
カロリーの少ない食事を摂っていると、肌荒れの原因になったり髪が細くなったり、しっとり感を失って艶がなくなったりします。
ダイエットに成功したというよりは、やつれてしまったと言った方があっています。

適度な運動と食事の改善を組み合わせたようなダイエットが健康に配慮したダイエットにです。
運動はきついものでなくてもいいので、軽度の有酸素運動を毎日続けることを重視しましょう。

重要なことは、それほど筋肉を増強しなくても事足りることです。
今の筋肉量を維持するか、足りないと思う場合は、追加して作ることを意識するのです。
筋肉を駆使して身体を使った運動をするなら、周囲の脂肪ほ燃やせるような筋肉をつけていきましょう。

たとえば下半身をスリムにすることを目的としたダイエットであれば、必ず下半身が動く有酸素運動を取り入れましょう。

最近は毎日、低糖質なダイエット食を自炊しています
Posts created 24

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top