下半身が太い原因と正しいウォーキング方法

タイプ別の下半身ダイエットの方法

下半身のダイエットをする場合、下半身がなぜ太っているかを突き止め、見合った方法を選びましょう。

脂肪が原因で下半身太りをしている場合

有酸素運動でダイエットすることがおすすめです。
運動には無酸素運動と有酸素運動があります。

筋肉トレーニングや、短距離ダッシュなど、筋肉の瞬発力を利用する運動が無酸素運動です。
筋肉に貯蔵されたグリコーゲンを消費する運動です。

一方、ウォーキングやジョギングなど呼吸をしながら、長時間にわたって続けられるような運動が有酸素運動です。
体脂肪を効率良く燃やすには、有酸素運動が向いています。

脂肪を燃やすことで、下半身のスリムアップをはかることができます。
有酸素運動はできれば毎日行えるとダイエットに効果的なので、無理なく楽しくできる運動を行うとよいでしょう。

むくみが原因で下半身太りをしている場合

体を温めたり、マッサージをしたりすることがよいでしょう。
下半身は心臓から遠く血液が足の方に留まりやすいので、不要な水分が停滞したり老廃物が残り、むくみの原因になります。

下半身のむくみを解消するためには、リンパや血管の流れが良くなるようなマッサージが効果的です。
ぬるめの湯にゆっくりつかったり、温かいものを摂取するなどして体温を高くすれば、代謝が上がりむくみにも効果的です。

下半身ダイエットに効果的な運動

下半身を引き締めたくてダイエットをしているけれど、期待した結果が得られないという方は多いでしょう。

効果的なダイエットと言われると、食事を減らすことを想像しがちですが、その他にも方法はたくさんあります。
カロリー消費量を増やすより、カロリー摂取量を減らすほうがすぐに実行できますので、食事制限はそういった意味では簡単です。

ところが、食事を減らしたからといってすぐに下半身が細くなるわけではありません。
下半身ダイエットには運動を中心にした方法が向いています。

下半身がやせない原因として考えられることは、下半身が冷えていることと、むくんでいることです。
体を動かさずにいると、血液の流れが滞り、体内に不要な水分がたまりやすくなります。

血液がスムーズに流れるようになると、下半身の冷えやむくみが改善されます。
運動不足を解消することで、血液が全身を巡りやすくなり、代謝が良くなります。

その結果冷え性や、むくみが緩和されるなどの効果があります。
自分に合う運動をすることが一番ですが、定番の下半身ダイエット方法はウォーキングです。

無理なく続けられる運動をするには、ジョギングのような運動負荷の高いものは大変だという人もいるでしょう。
それに比べてウォーキングは軽い運動なので、筋肉をつけすぎて脚が太くなるということがほとんどありません。

効果的な下半身ダイエットを行うためにも、適度な運動を取り入れて、むくみや冷えのない下半身を目指しましょう。

下半身ダイエットに有害な歩き方

レッグラインをきれいに見せるハイヒールが原因で、下半身ダイエットが滞っている可能性があります。

女性の場合、ヒールの高い靴を履いていると、重心が前寄りになることがあります。
高いヒールの影響でいつもと違う筋肉に力が入ったり、重心が移動した結果、内股になったり、太もものつけ根に力が入りやすくなります。

下半身が太く見える原因は、ヒールの影響で筋肉の入り具合が変わったせいかもしれません。
下半身の筋肉に負担が分散する分、お尻の筋肉を使わなくなり、ヒップラインが崩れます。

ダイエットを成功させるためには積極的に体を動かすことが大切ですが、どのように筋肉を使うかも重要になります。
下半身ダイエットをするならは、重心の位置がずれやすいハイヒールを履いて歩く機会は減らしたほうがいいでしょう。

きれいな姿勢で過ごすことが、血流を維持し、ダイエット効果を高めることにつながります。
骨盤が歪まないように、歩く時には背筋を正し、重心が前に寄っていかないように注意して歩きます。

ウォーキングシューズやランニングシューズは、正しい姿勢で歩けるように設計されていますので、歩く時に適しています。
自分の足に合う靴で歩くことで、不必要な位置に筋肉がついてしまうような場合にも対策できます。

下半身ダイエットに取り組むなら、歩く姿勢と、靴の選び方に配慮することがポイントになります。

最近は毎日、低糖質なダイエット食を自炊しています
Posts created 24

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top